スポンサードリンク Ads by Google

2017年10月20日

レーシックを受けられない方

レーシックは、短時間の無痛手術で入院が不要で
しかも手術後すぐに効果が現れるということで
多くの方がレーシックの手術を希望されています。
しかし、全ての方がレーシックの手術を
受けられるものではありません。
下記に該当する方は受けられない場合があります。

17才以下の方は眼球が成長過程にあるため
手術が受けられません。

レーシック適応検査で不適応と診断された場合は、
手術できません。

妊娠中または授乳中の方はレーシック
受けられません。


糖尿病、膠原病など内的疾患をお持ちの方は、
受けられない場合もありますので医師にご相談ください。

老眼の場合、レーシックで視力回復はできません

白内障、緑内障、角膜の厚さ、近視、乱視が
すごく強い人などは、眼の状態によっては
レーシックの治療ができない場合もあります。

花粉症の方などは受けられますが、
術後は眼をこすれないため、
症状がでない季節の方が良いようです。

上の条件に当てはまる方でも医師との相談により、
治療できる可能性もありますので、
とりあえず病院にてご相談ください。

.bmp